ご 足労 意味。 「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

足労 意味 ご

「ご足労」は直接言うだけではなく、メールでも使用可能です。

先日は弊社まで「ご足労いただき」たいへんありがとうございました。 1:相手の来社が確定したあと 相手の来社が決定する前に「ご足労」を使うのは避けましょう。
足労 意味 ご

お手数という言葉は辞書では「手数」という項目に記載されていることが多い言葉です。

15
「御足労いただきありがとうございました」など、ご足労はどんなシーンでも使える正しい敬語とはいえ、状況やあなたや相手の立場によって、失礼になってしまう敬語ともいえるのです。
足労 意味 ご

「 期待する」というニュアンスが含まれていて、 相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となり、依頼の強調表現になります。

このときの言い回しは、「本日は遠路はるばるご足労いただき、誠にありがとうございました」のように、「ありがとうございました」をつけるのが一般的です。
足労 意味 ご

こちらは最初にお礼や恐縮といった用法でも紹介させていただきました。 何事かをするのに必要な動作や面倒なことを手伝ってもらう場合などにも使えます。 ご足労の類義語、同義語を確認していきましょう。

10
また、「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」というように「ご足労」は「いただく」「おかけする」とセットで使われます。
足労 意味 ご

3:来社された後 相手が帰るときや帰った後にも、この「ご足労」を使うことができます。 訪問してもらう前日のメールや訪問後のお礼のメールで、「ご足労」を使って相手をねぎらうことで丁寧な印象を与えることができるでしょう。 使いやすい敬語なので、ここでしっかりと覚えておきましょう。

14
添付ファイルに本日の資料を添付しております。 注意したいのは、「御足労という言葉を使うタイミング」です。
足労 意味 ご

【例文】• 「御足労」の「足労」とは、「歩く」や「行く」と言う言葉を丁寧にした言葉で、「わざわざお越しいただく」という意味の言葉です。 相手を敬う尊敬表現なので、語尾に丁寧な表現をつけて使うのが基本ですが、何でも良いと言う訳ではありません。 相手の来社が確定したときは、「ご足労おかけしますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます」といった言い回しを使うと相手に良い印象を与えることができます。

」と言うようにご足労を使用できます。