俺ガイル ss 八幡 イケメン バスケ。 俺ガイル ss 八幡 イケメン 隠す

バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

は?落ちゴミだろww• 108• いや……高校卒業してからの俺は、だ 八幡 手に入れた。 はー、こんな青春過ごしてみたかった。

子供が親に会いたいって思うのは普通だ」 小雪「そうね、いくつか聞きたいことがあるけれど。
バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

「ふふっ、では詳しい話はその時に。 それも小町おばさんにバレないように」 雪乃「それくらい自分で食べなさい」 小雪「嫌よ。 とくめい• あそこで、飲まなければセーフだよな…?達也にまた殺気向けられたら八幡もう生きてける気しない… 「うっ…」 深雪はどうやらMAXコーヒーはだめなタイプだったらしい。

普通の子なのにちょっと可哀想かな」 八幡「…意外とそういうのはしっかりしてるんだなお前」 由比ヶ浜「えぇ!?ヒッキーの中で私の評価低すぎじゃない!?」 雪ノ下「…私も正直ちょっと意外だったわ」 由比ヶ浜「ゆきのんまで!?」 由比ヶ浜「じゃあヒッキーは子供にどんな名前つけるの?ヒッキーの方が常識なかったりして」 八幡「さすがに名前まで考えたことはないな。
バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

彼は言葉だけのセクハラなら数知れずだが刑事罰に問われるような事は断じてしない。 Contents• 94 ID:A3Fv7f6T0 大志「…………ほら、姉ちゃん」 川崎「……えっ?いや、アタシは別に……. 144• 旧 SSナビ(移転しました) : 八幡「人助けをしまくってたら変な事になってしまった……」 コメント一覧 19• 由比ヶ浜自身はその歪んだ関係性に何の疑問も抱いてなかった。

4
冒頭、写真撮影で距離感にとまどう二人とかね、もうニヤニヤしっぱなしなわけです。 「せっかくですけど、私達はご遠慮します!」 その問いにエリカがキッパリと答える。
バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

一応アニメ化までした人気漫画なんだぞ」 由比ヶ浜「うわぁ、ヒッキーオタクー!」 八幡「その反応、オタクが一番傷つくやつだからな。 締めがクソ• この予感が外れることを祈って。

12
真面目な話、一番攻略難易度の高い登場人物が主人公ってどうなんだろう。
バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

94 ID:0cNwdzKS0 テロリスト「とりあえずこの裏切り者を殺して、残りの2人で交渉だ」 八幡「やめろ」 テロリスト「はっ……?」 葉山「…………」 八幡「投降しろ」 テロリスト「は、はぁ?」 八幡「投降するんだ」 テロリスト「そりゃねぇだろリーダー!だったら俺たちは今まで何のために……」 八幡「人を殺すためじゃない」 テロリスト「…………」 八幡「………どけ、葉山」 葉山「………君は、本当に強いよ」 八幡「よせっつってんだろ」 葉山「今の君なら、結衣や先輩さんも助けられただろうに」 八幡「黙れ」 葉山「……………」 八幡「\ /」ガチャ 陽乃「………へぇ」 陽乃「普通に出てくるんだ」 八幡「……お前らも、続け」 テロリスト「\ /」ゾロゾロ… 陽乃「…………なるほどね」 陽乃「それが君の抗い?」 八幡「………何のことですか」 陽乃「ふふ、話す気はないんだね」 陽乃「——————比企谷八幡。 元々の意味はかの有名ながだな……』 『絶対ウソでしょ。 私、彼女とは仲良くなかったから…」 小雪「優美子おばさんが言ってたわ」 雪乃「?」 小雪「おばさんがヘトヘトになるまで練習に付き合ってくれるから何でそこまでしてくれるのか聞いたの」 小雪「そしたら…」 『昔さ、雪ノ下さんとヒキオに結構助けて貰ったんだ。

書いたやつマジで知的障害持ちだろ• なんかMAXコーヒーの空き缶でタワー作ってるし……」 小町「こういうくだらないことするくらいなら結衣さんか雪乃さんをデートにでも誘えばいいのに……」 小町「この様子だと未来のお義姉さんは当分先だなぁ……」ヨイショ 小町「そう言えば川崎くんのお姉さんはごみぃちゃんのこと気になってる感じだったけど、どうなのかな?」キョロキョロ 小町「今度学校に遊びに行ったときに探りを入れてみよっと」ポイッ 小町「このMAXコーヒーで出来たタワーはどうしよっかな……」ジー 小町「………………あれ?」ヒョイ 小町「この空き缶洗ってないような……」クンクン 小町「うわ……っ。 表示を元に戻す• 学園都市の第六位として活躍するみたいな二次小説があっていいと思います。
バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

あのクドいくらいの甘さがいいんじゃねーか」ガチャ 「八幡の味覚ってなんていうか子供っぽいよねー」クスクス 小町「すぐに持っていくね、お兄ちゃん」ニコニコ 小町「………………」ニコニコ 小町「………………」ニコニコ 小町「………………」ニコニコ 小町「………………」 小町「…………さて」 小町「ちゃんのためにすっごくおいしいコーヒー淹れないと」 小町「お父さん秘蔵のをフライパンで炒って」 小町「コーヒーミルで、親の仇の如く細かく砕いて」ガリガリ ガリガリ ガリガリ 小町「フィルターをセットして砕いた豆をセットしてボタンを押して」ポチッ 小町「コーヒーがドリップされてる間にクリープと練乳を用意して」ガサゴソ 小町「ついでにお母さんが昔使ってたとを用意して」ガサゴソ 小町「この二つをスプーンの背で潰して粉末にする」ガリッ 小町「お兄ちゃん専用のマグとお客さん用のマグを用意して」コトン 小町「ドリップが終わるまで待つ」ジー 小町「ドリップが終わったらコーヒーをお兄ちゃんとお客さんのに注いで」 小町「クリープと練乳をたっぷりと入れてよく混ぜて」マゼマゼ 小町「最後にお客さん用のに魔法の粉を入れてよく混ぜる」マゼマゼ マゼマゼ 小町「よし、できあがり!」 小町「あとは小町特製のMAXコーヒーと小町秘蔵のロールケーキをお盆に乗せて持っていくだけだね」 小町「………………」ガチャ 小町「………………」スタスタスタ 小町「………………」スタスタ 小町「………………」ピタ 小町「………………」ソッ 『あはは、八幡ってこの頃からもう死んだ魚みたいな目してたんだね』 八幡『人間三つ子の魂百まで、って言っただな……』 『それって意味違うじゃん』 八幡『ちげーよ。 ボッチなのか?またボッチになるのか?」 「八幡にはわたしがいるじゃん」ニギッ 小町「そうだよ。 材木座は『我に今挨拶してくれてた?ねぇ?八幡』と言っていたが八幡はスルーした。

8
投下しても1件2件しかコメントが付かないので は、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になり ます。 といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は 随時コメントをして欲しい」 す。
バスケ 八幡 イケメン 俺ガイル ss

この子雪ノ下じゃねえんだよ」 小町「いや、どっからどう見ても雪乃さんじゃん」 小雪「比企谷 小雪です。 あれ?1人足りなくない?まさか…いじめ…?これをする為に呼ばれたのかよ… 「比企谷さんの目がどんどん腐ってますよ…?」 やめて!あーちゃん先輩それを言わないでください! 「気にしないでください…えっと…あーちゃん先輩…?」 名前覚えてない…あーちゃんってイメージしかない…いいよね…?最悪通報されて捕まればいいし…いや捕まったらダメでしょ… 「あーちゃんって言わないで〜!会長が一年生に変な事を教えるから私の立場が…」 涙目になっているあずさ。 みんな仲良くしましょう、とか無理に決まってるだろ』 小町「お兄ちゃん、ケーキ持ってきたよー」コンコン 八幡「サンキュー。

枕バンバンしながらニヤニヤして読めるまである。 」 八幡「妹とも今朝話したしクラスメートともさっき話したな。