キューブ ラー ロス 死 の 受容 過程。 【死の受容への5段階】エリザベス・キューブラー・ロスに学ぶ

受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

勿論、これら五段階の順序は、あくまでも基本的なものであり、それぞれの段階が重なって現れたり、若干の前後の移動が生ずることもあります。 そして、次の段階に至っているときは、前の段階は終了している(または次の段階の前提になっている)ことが求められます。

17
1.否認と隔離(孤立化) 200名以上の終末期の患者は、ほとんどが末期疾患の告知に対して、 「 違います、私は違います。
受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

自分を守ってくれる「否認段階」 「あの人が自殺したなんて信じることはできない。 」「~これをするから、どうかそれを勘弁して欲しい」など。

15
彼女が自身の医療活動を始めようとした時、病院が死に掛けている患者を扱う態度に、愕然とさせられる。 しかしながら、深入りしすぎないよう注意し、面会時間を最大限確保すること、誤解を招かないよう入院や死することに対して家族にも詳しく説明し理解を得ることから始めてください。
受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

この段階において、患者の関心の狭まり、ただそっとしておいて欲しいと願います。

2
ロスは当時の病院での終末期の患者への取り扱いや、考え方に疑問を感じていました。 1、ターミナルケアとは ターミナルケアとは「終末期」のことを言い、進行した末期のがん患者や、そのほか臓器の不全などにより、余命約6か月以内の患者に対するケアのことです。
受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

夫々の患者はそれぞれ違った感情を持っており、患者を一人の人間として取り扱うことが重要と提起した。 というよりも無理に受け入れてはいけません。

死んで行く時に何のあてにもならないものばかりを求めてきたことにし、のだろうと、次に行く世界についてのにかられて苦しみます。
受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

また、ターミナル期におけるQOLは「痛みや苦しみのない生」という認識を持っている方が多いのが現状ですが、苦痛を軽減したからといって患者の余生を充実なものにできるとは限りません。 それというのも仏教では、私たちの心は1つではなく、8つあると教えられているのです。

14
ターミナルケアは1950年代にアメリカやイギリスで提唱された考えで、今日まで死を目前に迎える患者に対するQOL向上のための全人的なケアとして行われています。
受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

むしろ頭はさえてるわ。 (3) 第3段階:「取り引き」 第 1 段階では悲しい事実を直視することができず、第 2 段階では自分以外の人間や神に対して怒りをおぼえ、その後「避けられない結果」を先に延ばすべくなんとか交渉しようとする段階に入っていく。

14
価値観を再構築する。 やがて診断を受け入れても、時々否認が現れたり消えたりします。
受容 過程 の キューブ 死 ラー ロス

闘病生活の心の支えになるだけでなく、それ自体が余命にも影響することもあります。 第4段階:抑うつ(depression) 「ああ、これだけ頼んでもダメか」「神も仏もないのか」というように、自分なりに神や仏に祈っても、死の回避ができないことを悟る段階。 第2段階:怒り(anger) 自分が死ぬという事実は認識できた。

3
死の瞬間まで否認を続ける患者もいましたが、200名中わずか3人だけでした。