レヴォーグ 内装。 取付・交換|インテリアパネル|内装|レヴォーグ(スバル)のメンテナンス・整備情報

内装 レヴォーグ

リヤシートでは、座る人が乗車中に足を伸ばしてリラックスする事を可能とします。 純正ホイールとは違った印象になるので、個性をより発揮させたいという方は目を通してみてくださいね。

6GTのメーカーオプションのパワーシートは8WAYとなります。 内装としても大きく、車外からも見えるため、ドレスアップパーツとしては非常に効果は高いです。
内装 レヴォーグ

また、パワーシートも、GT-S系はランバーサポートも電動となる10WAYを運転席に採用。

道案内などマルチファンクションディスプレイ MFD と連動する事もできますし、この専用デザインのナビを装着するメリットは、大きいのかなと思いました。 蓋が付いているので使わない際は蓋を閉めておくとすっきりとした空間が保てるようになっています。
内装 レヴォーグ

こちらのディスプレイバイザーは、センターコンソール上部のディスプレイの上に装着するパーツ。

15
6GT-S EyeSight Advantage Line スポーツワゴンのSUBARUレヴォーグの特別仕様車「1. 先進性はあるものの、かなり残念なポイントも… そしてその下には、エアコン関係や安全装備などを設定するタッチディスプレイも装備。
内装 レヴォーグ

汚れてしまっても水洗いが出来るので、実用性も兼ね備えたカスタムパーツです。

1
費用はあらかじめ決めておくか、カスタムしたい箇所を絞ることも重要です。 フォグランプ 画像はディーラーオプション装着車で フォグランプの近くにあるメッキに LEDが入っていますが、 オプションになるので 通常6連LEDは付いていません。
内装 レヴォーグ

前席カップホルダー 利用しない時にはスライドカバーを閉めることで、室内のデザインに統一性をもたらす 前席カップホルダーは、利便性と装飾効果の高いレヴォーグの快適装備です。

10
レヴォーグは不満点はあるが完成度が高く買いの車 レヴォーグには燃費を初めとしたさまざまな不満点があるのは確かですが、クルマの走行性能や利便性といった点では高いレベルにある車でもあります。
内装 レヴォーグ

ツヤのある黒を上手く使っていてスポイラーとの相性が抜群です。

14
足もとのアクセル・ブレーキペダルは、アルミのパンチングスポットを設けつつも、アクセルはオルガン式ではなく吊り下げ式。 4:2:4分割可倒式リヤシートが採用する、指の挟み込み防止機能なども魅力的です。
内装 レヴォーグ

前席カップホルダー 出典: レヴォーグには前席用に2個のカップホルダーが装備されています。

17
また、「1. センタートレイ(USB電源付き) 出典: センタートレイにはUSB電源が2個付いているのでスマートフォンなどを充電しながらの収納が可能です。