花 散る 宮廷 の 女 たち あらすじ。 第10話 恵妃の陰謀

女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

中国版シーズン1の最終回22話は太子が地位を廃位される場面で終了。 花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯の動画はネットでも評判や口コミで良い評価を取ってる作品なので見逃したくない作品です。 恋人のいる年姝媛は妃選びに興味などなかった。

ところが、不意に何者かに襲われてしまい…。
女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

見どころポイント 清王朝の宮廷の皇子や公主たちが中心となっているドラマですので、イケメン皇子に、美人の公主がたくさん出てきます。

1
李白の詩と張旭 チョウキョク の書をもって唐代の二絶、剣舞を加えて三絶と言われ、姝媛は幼い頃から兄と共に文武を学んだと上奏した。 すると真っ先に策額図 サクガクト が年遐齢 ネンカレイ の娘・姝媛 シュエン を推挙した。
女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

2018. 清の第四代皇帝で、唐の太宗とともに、中国歴代最高の名君と言われており、清朝の基礎を固めた康熙帝を演じました。 だが、胤ジョウから年シュ媛の事情を聞き先送りに。 驚いた納蘭明珠はその場にひざまずいて皇帝に誤解だと釈明していたが、そんな中、陳廷敬 チンテイケイ が妙案を上奏した。

運命に翻弄されたとため息をつく年姝媛は、宮殿や愛する人たちを皆殺しにした男から必死に逃げようとしてきたのに、なぜ敵の子供を妊娠しているのかと不思議に思う。
女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

あ、乾隆帝って瓔珞の皇帝でしたか?中国古装宮廷ドラマいろんなところで繋がってきます。 宮中に入る自分たち3人は皇妃にもなれる輝かしい前途が待っているのだろう。

9
年姝媛は南秀元に子供を預かるようにアドバイスしたが、南秀元は「なぜ年姝媛は何年も前に結婚に来なかったのか」 「年姝媛がもっと勇気を持っていたら、すべてが違っていただろう」と疑問を呈した。 姝媛はただの公主の学友選びだと思っているが、性徳はこれが皇子の妃選びだと知っていた。
女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

年姝媛は寺に助けを求めに行ったが、僧侶の年姝媛によって扉が開かれ、年姝媛は気絶してしまった。

重臣の娘たちを競わせ、勝利した者を冊封 サクホウ すればいいという。 落ち込む年羹堯を見た胤ジョウはウルグンたちを宮廷から追い出そうと数々の嫌がらせをするが、ウルグンは諦めそうになかった。
女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

ジャン・モンシュエンは、1994年生まれ。

14
だが栄憲は笛を投げ割り、ウルグンを離れる気はないと年羹業を突き放す。
女 宮廷 あらすじ 散る の 花 たち

3は良い子だけど判断力が残念 2には頼るな。 しかし、後継者争いが表面化してくると、その関係が思いがけない展開を見せることになる。 シンデレラの法則• 最初はなんか宮廷男子と女子の合コンみたいなわちゃわちゃ劇かと思ったら全然違うんだよ。

14
中国ドラマ「花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~」 全37話。 年姝媛はまだ真実を信じようとせず、彼を探しています。