たぬきち 速報。 GOSSIP速報

速報 たぬきち

都内の企業に勤めるカズキさん(20代)は、友人の結婚式に出席するため、前日の昼から大阪に来ていた。 油揚げが好きではないカズキさんは「キャンセルして、天かすがのったそばを出してもらえますか」とお願いした。

9
このような場合、当事者間では、そもそもたぬきそば一杯の売買契約が成立したと考えられるのでしょうか。
速報 たぬきち

ジャニとかは規模がでかいし遠すぎるけど宝塚は結構ファンと距離近いんだよね。 ところが、今回のケースでは、500円のたぬきそば一杯という表示内容に食い違いはなかったのですが、たぬきそばの内容につき、そば屋は「油揚げがのったもの」と考え、客は「天かすがのったもの」と考えているように、当事者の内心の意思が異なっています。

40 ID:UxEC0Qb20 【北南半球】北 【パスワード】レスが付き次第 【挨拶・会話】要 【時間変更】したことある 【注意事項・備考】 交配用の花に水やりをして頂ける方、又はお互いに水やりをし合える方を募集しています 報酬は此方のみ水やりをして頂ける方のみ、マイル旅行券2枚を差し上げます フレ同士で水やり!. 昼食は手早く済まそうと駅近くのそば屋に入り、「たぬきそば」を注文した。 当事者の内心の意思が合致していない場合は常に契約不成立となると、あまりに取引の安全を害することになってしまいます。
速報 たぬきち

そうですね。 ところが、そばに入っていた具材は「油揚げ」。 そこで、今回の「たぬきそば問題」を題材に、そば屋と客との間ではどのような契約が成立していたと考えられるのかという点から検討してみたいと思います。

。 しかし、店員から「いいえ、確かに注文されたとおりの品です」と返されることもあるようだ。
速報 たぬきち

東京で生まれ育ったカズキさんは「たぬき=天かす(揚げ玉)」「きつね=油揚げ」と思っていたので、「たぬき」の意味するものが違うことに驚くとともに、なぜこうなったのか合点がいった。 「自分が悪かったのだろうか」とキャンセルできなかったことにモヤモヤしているようだ。

しかし、店員に「『たぬき』を注文されて『たぬき』を出したので、キャンセルはできません」と言われてしまった。
速報 たぬきち

カズキさんは、店側が「きつねそば」と勘違いしたのかと思い、「自分が注文したのは『たぬきそば』です」と伝えたところ、店員に「これが『たぬきそば』ですけど…」と言われたという。 実際の対応としては、大阪の文化を勉強することができたと考え、出されたものを食べるのが良いのではないでしょうか。

2020年11月26日 10時08分 飲食店で注文したものと全然違う食べ物が出てきたら、食べるかどうかはともかく「注文したものと違う」と言うだろう。 。
速報 たぬきち

。 。 。