ペスト ルネサンス。 パンデミック後には本当の働き方改革が進む 出口治明 (1/4):日経ARIA

ルネサンス ペスト

僕の担当回が4月27日であった。 単に人口が減っただけでなく、ヨーロッパの中世社会を根底からぐらつかせた。 これらによって、中世とルネサンスを明確に峻別することは困難になったのである。

監修 『ルネサンス・バロックのブックガイド 印刷革命から魔術・錬金術までの知のコスモス』 、2019年。 「北の村じゃ一晩に128人の魔女が焼かれたそうだ。
ルネサンス ペスト

14世紀のペスト大流行 ペストの流行は何回かあります。 死が身近に 感染したら死ぬかもしれない、自分の大切な人が死ぬかもしれない、と新型コロナウイルスにより「死」が急に身近な存在となり、命について考える機会が増えたように思う。

7
ユダヤ教 ユダヤ教の聖地であるエルサレムの嘆きの壁は、ロープで仕切がされ順番に辿り着けるようになっているなど、ソーシャルディスタンスを意識した対策を行っている。
ルネサンス ペスト

都市の整備が進んだこと、クマネズミがペストに対する抵抗力を獲得したこと、気候変動、検疫などが理由としてあげられるが、真の原因は今にいたるまで謎のままである。 ところで、論者によってルネサンスの定義は、しばしば大きく異なる。

古典様式をいかに理解し消化するかが課題となり、それぞれの国で特色ある様式が生まれた(の項を参照)。 また、カメラータの活動に刺激された同時代の作曲家は、ギリシア悲劇を思想上の範としてを創出し、の『ダフネ』(確認できるうちでは最古のオペラ)や、の『』といった傑作が生まれた。
ルネサンス ペスト

封建社会の変質 POINT 農奴制の変質 世界史上は、14世紀の黒死病の大流行が、ヨーロッパの封建社会に大きな影響を与えたことである。 黒死病の影響がとりわけ大きかったイタリアでは、その後「万能の天才」レオナルド・ダ・ビンチをはじめ、ミケランジェロやボッカチオなど数多くの天才が登場し、15世紀にルネサンスの華が咲くことになる。

10
しかし、13世紀、十字軍の遠征に失敗したローマ教会は権威を失墜させてしまいます。
ルネサンス ペスト

黒死病の死者数 大流行は1370年ごろまで続いたが、ヨーロッパ全体での犠牲者は、総人口の3分の1とか4分の1と言われているが、正確な数字は不明である。 クマネズミはもともとヨーロッパにいなかったものが、十字軍の船にまぎれ込んで西アジアからヨーロッパに移り住んできたのだという。

8
全人口の3分の1から4分の1を奪ったと言われています。 ウィズコロナの新しいライフスタイルでは、リモートワークによる家の職場化、外出自粛、他人と会う機会が減るなど、個人の孤立化が進んだ。
ルネサンス ペスト

このとき生まれた「quarantine」(検疫)という言葉や上の「死の舞踏」についてはこの記事をどうぞ。

16
この話はニュートン自身が後年ライプニッツと微積分法の発明の先取権を争ったときに自ら証言したことであるが、どうやらよくある英雄譚の一つであるようだ。 人間というものは苦しい時ほどがんばって 新しい境地を切り開いてゆきます。
ルネサンス ペスト

例えば次の記事は歴史の専門家によって書かれたものだけあってとても慎重である。

19
Campbell, The Great Transition. 旧約聖書の「出エジプト」を記念している イスラム教 イスラム教でも各地でモスクが閉鎖されるなど、影響が大きかったようだ。 同時にヨーロッパ社会は、まったく異なった社会へと変貌し、強力な(近代)国家の形成を促し、中世は終焉を迎える。
ルネサンス ペスト

黒死病の後、ヨーロッパとその周辺の諸地域は、数十年に一度ペストが襲来することが数世紀にわたって継続した。 同じことは、黒死病が吹き荒れた中世ヨーロッパに関してもいえる。

7
一部の金持ちの間では「食べるために吐き、吐くために食べる」過食が美徳にさえなった一方、主人や酔客が吐いたものを拭きとる専門の奴隷がいるという有り様だった(弓削達『ローマはなぜ滅んだか』)。 1536年、フランス人の宗教改革者 カルヴァンが、プロテスタントの教義を体系化した「キリスト教綱要」を出版しました。