これが 愛 じゃ なけれ ば なんと 呼ぶ のか 僕 は 知ら なかっ た。 【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生き足りないと強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように微笑むことが 上手くできなかった 一つ ただ一つでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えばまだ続く 行こう花も咲かないうちに これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない yuga n de kizu darake no haru masui mo u ta zu ni aru i ta karada no okusoko de hibi ku i ki ta rinai to tuyo ku mada azi wau sa ka mi o e ta gamu no azi sa me kire nai mama no kokoro de hitotu hitotu naku si ta ha te ni youyaku noko xtu ta mono kore ga ai zya nakere ba nanto yo bu no ka boku ha si ra nakaxtu ta yo be yo hana no namae wo tada hito tu dake ha ri sa keru kurai ni hanasaki ga hu reru kokyuu ga to maru ita mi ha ki e nai mama de ii tuka re ta sono me de nani wo i u kizuato kaku si te aru i ta sonokuse kage wo bara ma i ta ki zui te ho sikaxtu ta mada aru ke ru ka ka mi si me ta suna no azi yotuyu de nu re ta sibahu no ue hayaru mune ni tazu neru kotoba o waru ni ha mada haya i daro u dare mo kana sima nu you ni hohoe mu koto ga uma ku deki nakaxtu ta hito tu tada hito tu de ii mamo re ru dake de sore de yokaxtu ta noni amarini kudaranai nega i ga ki e nai dare ni mo uba e nai tamasii nani ni tato eyo u kimi to boku wo kakato ni noko ru ni ta kizu wo ha re ma wo yu e ba mada tuzu ku i ko u hana mo sa ka nai uti ni kore ga ai zya nakere ba nanto yo bu no ka boku ha si ra nakaxtu ta yo be yo oso reru mama ni hana no namae wo kimi zya nakya dame da to hanasaki ga hu reru kokyuu ga to maru ita mi ha ki e nai mama de ii amarini kudaranai nega i ga ki e nai ya ma nai. ちなみに、走れなくなった競走馬は、種馬として生かされるか、経費削減の為に 殺処分される運命にあります。 守られているようで、縛られているのかもしれない。

17
現在、成績不振な「アストロズ」を再建するという重荷。 しかし、 歪んで傷だらけの春という言葉を使うことで、逆境の中にあることを演出しているのです。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

体の奥そこで響く「生き足りない. 「馬と鹿」という曲です。

ファンを惹きつけてくれますね。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

このままじゃ終われないという想いが伝わってきますね。

8
さらに深く解釈していきますので、今しばらくお待ちください。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

分からないふりをする。 時間がある方はこちらの人気記事をどうぞ。 恋人同士としての愛。

輝く太陽の中へ。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

タイトルは米津玄師「馬と鹿」の歌詞より引用させて頂きました。 これが愛じゃなければ何と呼ぶのか 僕は知らなかった 麻酔なんて私たちにはなかった。

昔と同じだ。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

それを踏まえると、ここの部分は チームを想う心 が描かれているのだと思います。 ある意味では、 「似て非なるもの」という表現でも取れますね。 「愛してる」 花の名前と共に、そう叫んでしまえば良かったんだ。

1
今回も素敵な楽曲をありがとうございます。 そして、仲間としての愛です。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。 「噛み終えたガムの味」というのは、すごく深い表現だと思います。

2
そして、 この曲全てを聴き終えたとき、この「馬と鹿」のタイトルに込められた意味が分かると思います。 容赦ないそのサイクルは、私を救いもするし削りもする。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

くっつければ「馬鹿」ですが、離すと まったく別のものになる。 」という想い。 でもそれはお互い様で、彼の方がきっと何倍も傷ついていた。

17
率直な「馬鹿」より、見栄えが良いから。 歌手: 作詞: 作曲: 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生き足りないと強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように微笑むことが 上手くできなかった 一つ ただ一つでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えばまだ続く 行こう花も咲かないうちに これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない. つまりは、 自分の気持ちに素直に向き合う ことを表現するために使われており、 歌詞の前半部分は たくさんのものを失くして傷だらけになったけど、これくらいで絶望するわけにはいかない。
なけれ 知ら は た 愛 なかっ のか じゃ ば 僕 なんと これが 呼ぶ

記憶のなかでさえ、貴方は私を優しく振り回す。

17
楽曲名「馬と鹿」とは 「馬と鹿」という二つの動物が、タイトル名になっていますが、これらは 「馬鹿 バカ 」という言葉を構成する要素になります。 どの文化でもプラスイメージの動物でした これらを包括すると 「馬と鹿」は かなりポジティブなイメージ を象徴していることが分かります。