アカデミー 賞 ノミネート 作品。 2021年アカデミー賞の予想(作品賞ノミネート有力候補の映画)

賞 ノミネート 作品 アカデミー

全米公開のタイミングと賞レースの時期が重なったこともあり、 勢いを増した。 軍旗の下に• 「日本アカデミー賞、3月下旬に実施 作品賞など10部門、発表会場は帝劇有力」『映画時報』1977年12月号、映画時報社、 26頁。

監督は、ウェス・アンダーソン。
賞 ノミネート 作品 アカデミー

『』 —• ティモシー・シャラメ(君の名前で僕を呼んで)• nativeadinfo-container, signup. 若き女性監督マリエル・ヘラーがメガホンをとった。 「 サイドウェイ」 2004 「」 ノミネートされた11部門ですべて受賞するという快挙を成し遂げた。 「 ブルックリン」• 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」• デルロイ・リンドー 「ザ・ファイブ・ブラッズ」• このほか、「ムーンライズ・キングダム(2021年)」「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年)」では、それぞれ脚本賞にノミネートされた。

17
フライト(ジョン・ゲイティンズ)• また、アン・リー監督作「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」が、監督賞、視覚効果賞、撮影賞、作曲賞の最多4部門を制した。 「 イリュージョニスト」 外国語映画賞 未来を生きる君たちへ (デンマーク)• 「 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」• 20世紀のフランスの架空の街が舞台。
賞 ノミネート 作品 アカデミー

なお、英BBCの2016年の投票では、 「グランド・ブダペスト・ホテル」 「ムーンライズ・キングダム」 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 の3作品が、「21世紀の最も偉大な映画ランキング」に入った。 「 レディ・バード」• モーツァルトは軽薄ながら、天才的な作曲の才能が備わっていた。 2s;-webkit-transition:transform. ジェームズ・キャメロン(アバター)• prevent-bg-text-style h4:not. しかし、軍国ファシズムの異常ぶりに直面し、それまでの価値観が揺らいでいく。

「 ネバーランド」• タイタニック号の金庫に保管されていた1枚の女性の絵。
賞 ノミネート 作品 アカデミー

パラダイス・ナウ(パレスチナ) オスカー受賞作(結果)とノミネート 部門 受賞者(作品) ノミネート 作品賞 「」• ピター・ジャクソン(ロード・オブ・ザ・リング) 主演男優賞 デンゼル・ワシントン (トレーニング デイ)• 『』 —• 年齢の若返りにも取り組んでいます。 「 戦火の馬」• — 『』• メリル・ストリープ(8月の家族たち) 助演男優賞 ジャレッド・レト (ダラス・バイヤーズクラブ)• スティーヴン・ソダーバーグ(エリン・ブロコビッチ)• 「 ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家! シアーシャ・ローナン(ブルックリン) 助演男優賞 マーク・ライランス (ブリッジ・オブ・スパイ)• 「 最後の追跡」 「 ズートピア」• 『』 — 、、、• 『ウルフウォーカー』は10月30日より、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国ロードショー。 『 』 — 、 、 、• アル・パチーノ 「アイリッシュマン」• アンダーソン氏は、「グランド・ブダペスト・ホテル」を大成功させたことで有名。

5
また『』(製作・配給:)が製作・配給とも独立系としては『ツィゴイネルワイゼン』(第4回)以来の最優秀作品賞を受賞した。
賞 ノミネート 作品 アカデミー

いずれの作品も傑作として語り継がれている。 「 思い出のマーニー」 外国語映画賞 サウルの息子 (ハンガリー)• その一環として、日本の北野武監督や是枝裕和監督のような海外の映画人も会員に選ばれました。

ファインディング・ニモ(アンドリュー・スタントン、ボブ・ピーターソン、デヴィッド・レイノルズ)• ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー)• レニー・アブラハムソン(ルーム)• 「 バベル」• ベンジャミン・バトン 数奇な人生(エリック・ロス、ロビン・スウィコード)• フローレンス・ピュー 「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」• 「 第9地区」• 「 女王陛下のお気に入り」 トニー・マクナマラ、デボラ・デイビス• 「 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」• 蒼井優は日本アカデミー賞の主演女優賞ノミネートが有力。
賞 ノミネート 作品 アカデミー

「 博士と彼女のセオリー」• 2019年のアカデミー賞では、 スペイン語映画の「ROMA/ローマ」が作品賞の有力候補だったが、 受賞を逃した。 キュリー夫人• 天国は待ってくれる• 第91回アカデミー賞でも作品賞を含む同年度最多タイの10部門でノミネートされ、外国語映画賞、監督賞、撮影賞を受賞した。

オスカー前哨戦の序盤では「アイリッシュマン」に負け続けたが、 年明けの放送映画批評家協会賞で作品賞を獲得。
賞 ノミネート 作品 アカデミー

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々(ドイツ)• リプリー(アンソニー・ミンゲラ) 外国語映画賞 オール・アバウト・マイ・マザー (スペイン)• 「 フランケンウィニー」• ハリウッド・レヴィユー• 「 蜘蛛女のキス」• ミヒャエル・ハネケ(愛、アムール)• テレビ版を映画版に編集した。

2
さらに11部門受賞は『ベン・ハー』『タイタニック』と並ぶ、最多受賞のタイ記録となった。