薬屋 の ひとりごと pixiv 小説。 薬屋のひとりごとの壬氏(じんし)には秘密が…?

の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

概要 『』小説のブックマーク登録数が100人に達した際に付けられるタグ。

10
なお漫画2種類の違いは下記にまとめてるので読んでみてくださいな。
の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

涼やかな態度や見た目の華やかさとは裏腹に、面倒事を抱え込んでしまう苦労性であり、宦官とは別の顔も持っているようだが……。

16
これは落ちるヤツですね笑 恋愛漫画によくあるあの感じですね笑 ちなみに猫猫以外で壬氏(じんし)のハニートラップをクリアしたのは、 玉葉妃と梨花妃。
の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

猫猫はそのお坊ちゃん具合に呆れながらも仕事と割り切って手伝います。 そこまで気にしないという人はWebで十分よー。

19
また自由になれるまで大人しく後宮で働くつもりの猫猫だったが、 皇帝の子供が衰弱している事件に直面。 ですので、どうしても比較するという目線で読んでしまったのですが、 その時に感じたのが「 ストーリーの進行スピードが早い」ということ。
の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

薬屋のひとりごとの小説版を読んでいたらとんでもない展開がきたので紹介したいと思います。 そんな中で玉葉妃に「自分は女児を産んだからと、男児である私の子を呪い殺す気だろう!」という、破滅手前な悪役令嬢のテンプレみたいな罵声を浴びせているシーンで初登場。

10
。 そして、後宮を取り巻く事件を解決するにつれて、 猫猫と壬氏の関係も変化していく。
の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

猫猫の知識や聡明さに目をつけ、彼女を侍女として取り立てる。 壬氏にとって大切なもの…それが猫猫です。 薬屋のひとりごとの壬氏(じんし) のエピソード ここからはこれまでの薬屋のひとりごとでの 壬氏(じんし)のエピソードをピックアップしていきます。

12
この場面は、5巻の中でも面白いシーンでした。
の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

医師である父の下で薬師として働く少女・猫猫(マオマオ)。

そして、 2つマンガがある理由が明言されていないからこそ 「原作者と出版社でマンガ化に関して一悶着あって、2誌で描かれることになったんじゃないか」 「2つのマンガで売上を競わせて、売上が良かったほうをアニメ化するんじゃないか」 などの 推察(一部は邪推)もさらに出て、もっと作品が盛り上げる。 そこにもキレた猫猫もそれにつられて普段は言わない本音を言います。
の 小説 pixiv 薬屋 ひとりごと

容姿 黒髪直毛で切れ長の瞳を持つクール系な美女。

16
しかし、2ヶ月以上に及ぶ猫猫の献身的な看病で体調が回復した折には「 自尊心はあるが尊大ではない」「 皇妃に相応しい、人の上に立つ品格を持った女性である」と評価を改められた。