北 センチネル。 北センチネル島の先住民とは?ドローン画像から推測できる実態とは?

センチネル 北

1989年、ビュルネイ島の近海でソ連海軍の原子力潜水艦の「コムソモレット」が沈没しています。 もちろん旅行先になるような島でも、対策が不十分であったりすると思わぬ危険に直面することがあります。

9
に、当時の統治国であるイギリスが初めて島を探検、住人6名を捕えに連行しているが、2名が病死したため、残りは島に戻された。 そんな風に私には思えてくる訳です。
センチネル 北

また、上の地図だけでは北センチネル島を管轄するインドや、その他の国との位置関係が分かりにくいので、以下へより拡大した地図を掲載しておきます。 ヘリコプターに手を振って 友好的にあいさつをしたなど、イメージとは異なる行動をするときもあるのです。 マドゥマラ・チャトパディヤイによる「最初の平和的な接触」 センチネル族と交流を試みるチャトパディヤイ氏 インドの人類学者マドゥマラ・チャトパディヤイ Madhumala Chattopadhyay の率いるチームは 初めて武装していないセンチネル族との接触に成功しています。

12
外部の者が島に近付いたり上陸したりすると、 弓矢や槍で襲ってきます。 そしてセンチネル族が有名な理由の一つが、部外者を強く警戒する性格から「 凶暴で友好的でない部族」や「 危険な民族」として知られているという点。
センチネル 北

今回は、命が危険に晒される恐ろしい島をご紹介しよう。

赤い部分がセンチネル族。
センチネル 北

このことがセンチネル族の外部への攻撃性を高めたという指摘もある。 これには二つの説があります。

14
この人物は観光査証でインドに入国し、への入域許可も得ていたというが 、この島への接近・上陸は違法行為である。
センチネル 北

再びビキニ環礁に住めるようになるのは、早くとも2052年ごろのことと言われています。 とにかく攻撃的な民族なので、 人間を食べているのではないかと言われた時期がありました。

1
基本的には、島を秘境のまま保持させるという方針を取ってます。
センチネル 北

その理由は、島に住むセンチネル族がよそ者の上陸を拒むから。 近づくものには容赦ない攻撃をする原住民!! 今だに人類が踏み込めていない秘境がある。

18世紀〜20世紀 18世紀にイギリス人がこの島を「発見」。
センチネル 北

上空から見れば、手つかずのジャングルと透明度の高い海、真っ白な砂浜が広がり、その美しい絶景はまるでディカプリオ主演映画『ザ・ビーチ』の世界観を彷彿させる。

14
センチネル族は外来との接触が歴史的に非常に少ない集団であったため、外部の病原菌に対する免疫抵抗力が弱いと思われ、少ない人口が一気に全滅する可能性があることも不干渉の理由の一つである(近隣の先住民族・の諸族は、、など、既に感染症による脅威にさらされている例が多い。