4 スタンス 理論 b2。 4スタンス倶楽部 ~4種類のカラダ取扱説明書~

B2 理論 4 スタンス

B2タイプは、 「人差し指付け根から手のひら下部」部分に、パワーラインが存在します。 画一的な型にはめようとする指導では教えられてる方の力を存分に発揮できない可能性があるのです。 プロゴルファー• いいかえれば、タイプに適っている身体の使いかたは、 身体を故障からもっとも遠ざけてくれる、ということもできるでしょう。

2
身体を捻る動作が発生するため、テニスラケットを振るような動作ではタメが必要• なので、B2タイプの人のアドレスは、特にスクエアに構える意識は必要なく、 オープンスタンスでも、クローズスタンスでもいいことになります。 ・全身連動のベクトルは、 下降。
B2 理論 4 スタンス

4スタンス理論は、結果的に再現性の高い正しいスイングができていれば、B2タイプであれば同じB2タイプのツアープロに似た動きになりやすいということです。

7
一方で、違うタイプの人たちのスイングから学ぼうとすると結果的にタイプの違う人から学ぶこととなり、上達はのぞめません。
B2 理論 4 スタンス

Sponsored Link 4スタンス理論での分類 スポーツトレーナーの、廣戸聡一さんが提唱している 『レッシュ4スタンス理論』では、• この記事は、 約6分で読み終えることができます。

1
それぞれのタイプの特徴 4スタンス理論は A・Bによる違いと 1・2による違いにより4タイプに分けられます。
B2 理論 4 スタンス

各カテゴリーの代表選手をざっとピックアップしましたので、参考にしてください。 逆に、 左右同側同士の、肩と股関節を連動させる事で、 スムーズな動きが得られる人は、 パラレルタイプで、 A2と B1タイプの人が属します。

16
・体幹の稼働は、 伸展。 スイープの場合1番手上げてちょうどよいくらいです。
B2 理論 4 スタンス

しゃがむという行為は、 日常のみならずスポーツの世界でも頻繁に行なわれています。

14
自己チェックで、自分がどのタイプなのかを判別するのは、 判断に迷う事があったり、間違ったタイプに感じてしまう事がありました。 鈴木享• ただ、スイング中は、「首の付け根の前側」を意識し、ここがブレないようにする意識を持ちましょう。
B2 理論 4 スタンス

このとき、すべてのヒトは軸を作ってしゃがんでいるのです。

そして、そんな時のアナタは、 上手くいかない原因を、 「そもそもI選手は、超の付く一流アスリートだから特別・・・」 「自分はもともと運動神経の高くない単なる一般人だから・・・」 と、あきらめていませんか? もし、アナタの4スタンスタイプは、 実はI選手ではなく、 実は往年のO選手と同じものだったとしたら? I選手型のテイクバック(A1タイプ) O選手型のテイクバック(A2タイプ) そうだとすれば、アナタはどれだけI選手の真似をしても 成績が伸びるはずはないのです。 Bタイプは、カバンやつり革を手のひらで握ります。
B2 理論 4 スタンス

また、ゴルフではトップオブスイングで右ひじが開くのはよくないと言われることが多いですがこの「B2」タイプには当てはまらず、右ひじが開いても問題ないのがこのタイプの特徴でもあります。

7
上の箸が動く• 西野貴治• 【1タイプ】は、 親指と人差し指・中指でOKマークをつくった方が、 スムーズで、可動域が広がります。 ……おめぇ、1タイプだな!!!(カミナリたくみ風に) 中の水は多めのほうがいいです。
B2 理論 4 スタンス

具体的には、B2タイプは、 バックスイングで、左肩を押し込むように「左肩と右腰の間を縮める」意識を持ち、 ダウンスイングで、右肩を押し込むように「右肩と左腰の間を縮める」ようにすることで、カラダを入れ替えてスイングします。 - 72,707 views• 回しましたか? 右腕で見て、 反時計回りに回したら1タイプ、時計回りに回したら2タイプの可能性が高いです。

4
つまり、しゃがむという行為は、 ここまで動作の細部まで踏み込んで分析すれば、 みなが同じ動きをしているわけではないのです。 ・基本的両肘の位置は、 首の両端の下。
B2 理論 4 スタンス

6つのポイントのうち、5と6の足底が地面との接点のため軸の基点となります。 なるべく 鍵の軸がブレないきれいな回転を意識して回してみてください。

18
自分の身体にもっとも適って、 もっとも無理がなく、 身体のなかに眠るポテンシャルがすべて最大限に発揮できる、 4スタンスの世界を、ぜひとも楽しんでください! ギア&グッズ 4スタンス理論を知るために. 大きく体重移動をしながら2軸スイングで振るB2タイプは、A1タイプ同様、「 長いインパクトゾーン」のイメージを持つことが大切です B2タイプは、重心を右に戻したまま、 インパクトを向かえ、そのまま右手でクラブを押しこむように、球を運ぶような打ち方がB2タイプの特性を最大限に発揮したスイングとなります。