ホークス 対 レイカーズ。 ホークスへの移籍を決断したラジョン・ロンド、レイカーズへ感謝の意を伝える(バスケットボールキング)

対 レイカーズ ホークス

誕生に際しては「陣痛の苦しみを知らぬおおらかさで産声を上げた」と『南海ホークス四十年史』で記述されている。

14
707 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 勝利 レイカーズ 3, 0 レイカーズ 4, 1 レイカーズ 4, 3 レイカーズ 4, 0 50 32. 一方、内川はこのシーズンでの一軍出場がなく同シーズン限りでの退団を明言した。
対 レイカーズ ホークス

1980年代のレイカーズは、率いるトランジションオフェンスから、「」という愛称で呼ばれた。

14
西村は「パ・リーグに将来性はない」として1リーグ制移行を見据えた球団合併を行うことにしたが、合併についてはまだ明らかにされていなかったにも関わらず、関西のあるスポーツ紙が先走って、南海と近鉄の合併を報じたために球界は騒然としたが、日拓が日本ハムへ身売りしたことで1リーグ問題も収束に向かい、近鉄との合併の噂も自然消滅した。 この年は7球団で108試合まで戦い、以降はそれまでの上位4球団による4回戦制となった。
対 レイカーズ ホークス

勝ち頭だった若田部がFAで横浜へ移籍した。 更にから地元出身のを獲得するなど、積極的に動いたが、前シーズンからの悪夢は続く。 前年終盤からマスクを被り、この年、正捕手になった城島は到達、3割2桁本塁打を放ち、それまで正捕手だった吉永が指名打者で3割29本塁打を放ち、小久保が打点王を獲得するが、井口がオープン戦で故障。

3
なお、ソフトバンクがリーグ優勝以外でクライマックスシリーズを突破して日本シリーズに進出したのはこのシーズンが初めてである。 シーズン後、広瀬が辞任。
対 レイカーズ ホークス

門田は初の本塁打王、山内新一、ルーキーの、のトリオ・ザ・山内で26勝を積み上げた。

17
秋季は開幕から2勝1敗として、直後に11連敗となり、以降浮上することはなく、球団史で最も悪い成績 となる勝率. 杉浦はルーキーのを積極的に起用、中盤戦からをストッパーにした。 セ・パ交流戦優勝・最高勝率(8回) (2015年から2018年までは最高勝率)• : 2017-2018• 、川崎らが応召で抜け、前年まで2年間チームを支えた神田が7月に病気で死去するなど戦力低下が続く。
対 レイカーズ ホークス

5スティールを記録。 最終的に2位の巨人とは1ゲーム差となった。

7月には一時首位に立つが、後半になると6カード連続負け越しを喫し、10月2日には対パ・リーグ戦での負け越しが確定し、シーズン3位となった。 歴代ヘッドコーチ [ ]• :2000-2001、2003-2004 C• 春季は3勝12敗で最下位に終わる。
対 レイカーズ ホークス

オリックスからが移籍。 加藤と門田が2000本安打を達成し、15勝を挙げて台頭した藤本・山内和・山内孝と3人の2桁勝利を挙げ、井上が20セーブポイントで2位 となり、チームは前半を3位で折り返し、9月6日には首位西武に3. 李大浩が抜け、新たな外国人野手を補強せず、開幕から純国産打線となるも、前年同様、前半戦は快調に首位を飛ばし、交流戦でも2年連続の最高勝率チームになるなど、一時は史上初の6月マジック点灯の可能性さえあった。

12
他球団を退団した(6年ぶりの復帰)、 、 、 を獲得した。