車両 横断 禁止 と は。 規制標識|よく出る間違えやすい標識と標示・仮免・本免・学科試験問題

禁止 と 横断 は 車両

道交法30条に「追越しをするための進路変更は禁止」とあります。 Q 片道1車線の道路で真ん中に追い越し禁止の黄色い線があるとします。

)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。
禁止 と 横断 は 車両

ですが、その 手前30メートルや 前後5メートルなど、 手前と 前後で、よく間違えています。 でもそうなると、白の破線と何の差があるのでしょうか。

5
何を持って「他の交通の正常な通行を妨げるおそれがある時は…」と判断するかは、ドライバーごとに温度差があるかと思いますが、誰の目にも「危険/非常に迷惑」と映るのであれば、違反行為と考えて良いのではないでしょうか。
禁止 と 横断 は 車両

進路変更 =車線変更 をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。 となっています。 横断歩道や自転車横断帯と、その端から 前後5メートル以内の場所• 警察の人が言っていたのですが、交差点の手前30メートルでも 黄色の実線じゃなければ 進路変更はできるみたいです。

4
県警交通指導課によると、1日午後4時15分ごろ同県射水市西高木の県道で、パトロール中の港湾地区特別捜査隊の男性警部補(55)らが、車両横断禁止標識のある交差点を右折した車を発見。 第25条の2 第2項の解説 歩行者や他の車両の邪魔にならなければ、第1項で禁止されて無いからと横断等をして良いかというとそうではなく、道路標識等で禁止されているときもやっちゃダメですと書かれています。
禁止 と 横断 は 車両

標識により追い越しが禁止されている場所• 高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。

5
75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。 【8月3日付け毎日新聞ネット版から】 「車両横断禁止」って言われてどんな標識かすぐに思い出せますか? 今現在、教習所へ行っている方ならわかるかもしれませんけどね。
禁止 と 横断 は 車両

だから、やめなさいと「いうのです。 車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。 前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
禁止 と 横断 は 車両

その場にいた5人の警察官全員が標識の正しい意味を知らず、警部補は翌日、県警本部に確認して誤りに気付いた。 駐車場、車庫などの自動車専用の出入り口から3メートル以内の場所• また、横断歩道橋や横断用地下道が近くにあるところでは、できるだけその施設を利用しましょう。 よって、本官は質問者を注意したものである」という理屈があると私は推測します。

12
以下この項において同じ。 ト・・・トンネル• 免許30日・・・30メートル• 横断歩道意外で道路横断した場合、十分な補償金でるとは限りませんよ。
禁止 と 横断 は 車両

法律では、道路交通法第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)第一項 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。 50mの部分をいいます。

Q 道路の白線・黄色線について疑問に思っています。