カイポケ。 カイポケの料金·評判·機能について。導入事例も紹介

カイポケ

例えば、介護保険制度の改定などに対応しておらず、その対応に必要以上の手間を要してしまうことや、購入・導入後のサポート体制が無く、または貧弱であり、実際の業務においてうまく機能させることができなかったなどです。

15
ただ、カイポケ側もその点を猛省し、Amazonが提供している「AWS」サーバーに切り替えることで問題を解消しました。
カイポケ

このあたりは、併設事業所の数やタブレット貸与の数などかなり条件によって変わってくるようですのでカイポケのホームページから「 サービス種別別の料金表」を取り寄せるか一度詳しい説明やデモに来てもらうことをおすすめします。

10
通常のケアプランなどの作成ができるのは当然の事なのですが、 利用表や実績表から請求管理業務 国保連への伝送)も 簡単にでき 伝送結果や 返戻なども カイポケ上でわかるのでとても便利です。 貸与品に紛失等が生じた場合に支払を要する損害金 紛失時損害金 50,000円(消費税別) 充電アダプタ:2,000円(消費税別) USBケーブル:2,000円(消費税別)• 他事業所との連携もできるので、居宅に実績を送信する際にこちらの入力ミスがあればエラーでデータ連携ができません。
カイポケ

さらに、機能訓練系加算の取得により、介護事業者の収入増とともに、自立支援・重度化防止および利用者のサービス満足度向上にも繋げます。 どういう書面で、どういう種類の書類が必要なのかがわからないなど、 新規立ち上げの事業所などは便利かもしれません。 他にも素晴らしいITサービスがあるにもかかわらず、知らずに1社のITサービスを導入してしまい「もっと業務改善できたかもしれな い」と後悔する人は非常に多いです。

17
職員募集や利用者獲得のためにもホームページは用意すべきですが、コストをかけずにホームページが作成できるのはカイポケの強みです。
カイポケ

すべての機能や項目を利用するわけではありませんが 事業所としては大変便利な機能があるカイポケです。 このように提供介護サービスの業務内容によって利用するカイポケの機能も異なり、そのあたりが利用料金に反映されています。

17
実際に入力する上でのデメリット ケアプランはひな形が決まっているので、他のソフトとの違いは 使い勝手だけだと思います。
カイポケ

介護に特化した機能を多数搭載していることから近年利用者数が急増しているサービスです。 それよりも 外出先でもバリバリ仕事ができる利点を優先すべきだと思います。

18
OT(Occupational Therapist)は作業療法士 【「カイポケ」について】 カイポケは、ICT活用による介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートするクラウドサービスです。 レンタルなので、従業員の増減にも柔軟に対応できるようになります。
カイポケ

通常、国保連から介護報酬を受け取るのには約2ヶ月かかると言われているので非常に短縮化できるメリットがあります。

3
そのためにも、無料体験を有効活用してみてはいかがでしょうか。
カイポケ

管理ユーザは一般ユーザをいくらでも発行できるので、一般職員がカイポケを使うことになった際は、一般ユーザIDを発行して使ってもらうようにしましょう。 介護スタッフもタブレットで個々に状態を入力できるので管理の手間が省略できています。

19
データ管理が楽になりました! (株式会社S・通所介護) 個人情報や健康状態などの データを一括で扱える点がいいと思います。
カイポケ

エクセルで自分で作った基本情報にアセスメントは業務用のアセスメントシートを使っています。 利用料金の銀行振替は、アプラスからカイポケに。 とは言え使ってみなければ便利かわかりませんよね! カイポケは最大18ヵ月使用料無料で試すことができるので、 この機会に試してみたはいかがでしょうか!. 簡単操作が導入の決め手! (有限会社K・訪問介護) 口コミで評判が良かったので18か月の無料体験をしてみたときに、 機能がシンプルで操作がカンタンだったことが、カイポケを導入する決め手でした。

19
2019年4月より「カイポケ加算サポート」として試験的に提供しておりました。 端末費用は無料で、容量は7GBです。