レバミピド 錠 100mg。 レバミピド錠100mg「NS」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

100mg レバミピド 錠

ムコスタの市販薬はありませんが、同じような作用がある薬として、胃粘膜を保護する作用を持つ「テプレノン」という成分の薬があります。

19
ムコスタはよく処方される胃薬の一つですが、薬局やドラッグストアでは購入することができません。
100mg レバミピド 錠

作用 【働き】 胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激で、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)を起こしやすくなります。 また、副作用として眠気を心配をする方もいらっしゃいますが、製薬会社からの情報では眠気の副作用はあまり認められておらず、過度の心配はいらないと考えられます。

6
(60歳代病院勤務医、消化器外科)• 【薬理】 胃を守る粘液を増やしたり、胃粘膜の血流をよくすることで、胃酸に対する防御機能を高めます。 レバミピドの効能・効果は、「胃潰瘍、急性胃炎・慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん・出血・発赤・むくみ)の改善」となっています。
100mg レバミピド 錠

胃炎や胃潰瘍は胃粘液などの「防御因子」と胃酸などの「攻撃因子」のバランスが乱れることで発生します。 プラセボ効果は否定できませんが。 (40歳代病院勤務医、救急科)• (40歳代病院勤務医、一般内科)• 重大な副作用 頻度不明 :次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて使用を中止するなど適切な処置を行う。

20
1.胃潰瘍:1回レバミピドとして100mgを1日3回、朝、夕及び就寝前に経口投与する• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。
100mg レバミピド 錠

また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

17
胃炎や胃潰瘍の治療に広く用いられています。 その他の副作用 頻度不明• (40歳代病院勤務医、一般内科)• 高齢者の方 高齢者は生理機能が低下していて薬を体外へ排泄する力が低下しているため、高齢者の方は医師と相談した上で薬の用量を決めましょう。
100mg レバミピド 錠

実際に上部消化管出血がみられてしまっている場合にはアルロイドGを、亜鉛の補充まで考える場合はプロマックを考慮します。

11
・防御因子増強薬はほとんど使用しなくなったが、NSAIDsとの併用でレバミピドを処方することがある。 ロキソニンなどの解熱鎮痛薬は、一般的に胃が荒れるような副作用を持っているものが多く、胃痛などが起きやすいお薬です。
100mg レバミピド 錠

妊婦・産婦・授乳婦等への投与• ショックや血液障害、肝障害の報告がありますが、頻度的にきわめてまれです。 サッと溶けて飲みやすい粉薬タイプです。

6
レバミピドと同じ成分の薬であるムコスタを実際の患者に使用した効果の調査結果では、胃潰瘍では6割程度の患者に効果が見られ、中等度以上の急性胃炎・慢性胃炎では8割程度の患者に効果が確認されました。
100mg レバミピド 錠

過敏症:発疹、そう痒感、薬疹様湿疹等の過敏症状、蕁麻疹[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。 効果時間 血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を使用してから約2. ・胃酸の分泌抑制や消化管の運動改善といったはっきりとした効果はないが、患者さんによっては症状が明らかに改善する人がいる。 ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

使用上の注意 禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
100mg レバミピド 錠

1.重大な副作用(頻度不明) 1).ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。

5
小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない 使用経験が少ない。 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。