エースバーン 後出し。 【ポケモン剣盾】リベロエースバーンの対策を思いつく限り記載

後出し エースバーン

弱い特性ではないが、後述のリベロが非常に優秀なため、そちらが優先されることが多い。 ほぼ全ての要素において恵まれている。

12
またグラスフィールドでエースバーンの弱点である地震を半減できる。 考察及びダイマックスとの比較 元技の威力に関係なく威力は160で固定。
後出し エースバーン

ただし弱点である水は等倍、地面は一貫と炎との耐性補完はイマイチ。

6
ただし弱点である水は等倍、地面は一貫と炎との耐性補完はイマイチ。
後出し エースバーン

等と打ち合うことができ、 へ後出しする機会も多く十分役割を果たしてくれた。 サイクル選出 + or 基本的には3匹を使ってサイクルを回す。 性格は頻発するミラー意識のようき最速が多いが、運任せの同速対決を避けるためいじっぱりにして火力を上げ、耐久調整を施した個体も現れてきている。

11
やはもちろん、や・などにも通せるためこの効果が有効に働く局面は多く、元の威力の高さも相まってかなりの汎用性を誇る。 エースバーン側には弱点を突く手段がなく、いかくやダイドラグーンでAを下げてしまえばほぼ機能停止する。
後出し エースバーン

等アカウントはの相談に乗ってくださる方を無限に募集しているので、声をかけて頂けると幸いです。 ・ミミッキュ 特性を利用したトリックルーム展開+のろいで退場する型なら エースバーン対策になる。

16
やはもちろん、や・などにも通せるためこの効果が有効に働く局面は多く、元の威力の高さも相まってかなりの汎用性を誇る。
後出し エースバーン

、など高物理耐久のポケモンで流すのもよい。 拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

11
物理型では弱点をつけないタイプに打点を持つことが存在意義のため、水・飛行対策のエレキボール、炎・電気対策のねっさのだいちは確定。
後出し エースバーン

等倍範囲も広いので、主に地面タイプの物理受け等に。 元技より威力が下がり、追加効果の恩恵も殆ど無いが、どうしても外したくない場合に。 育て方…HB 特化 特性…天然 技候補…カウンター どくどく 守る等 いじ特化命の珠とび膝蹴りを 2耐えしない… オボン込みでも乱数なので 後出しする際は かえんボール、アイヘ等々の 半減以下技に繰り出す必要がある。

17
炎 かえんボール 180 フレアドライブ 180 ニトロチャージ 75 タイプをリセットする感覚で使える。 ほぼサンダーピンポイントだがダイアタックとして使うことによりダイマックス同士での撃ち合いに勝つことが出来る。
後出し エースバーン

対策方法 耐久は高くないので、スカーフ持ち等の高速・高火力技で上から制圧するのが効果的。 炎技だけで技スペースを食うのを防げるが、ゴーストに注意。

10
注:特に記載のないものはGFの回復効果は無視して確定数を記載しています。
後出し エースバーン

ちょうはつ:カバルドン等の変化技を使うポケモンに対して。 ダイジェットダメージ85~100 参考 ダイアースダメージ186~220 ゴリランダー側全て最低乱数としてのHP実数値推移を記載します。

17
シーズン8最終段階でエレキボールの採用率が10. キョダイマックス技 変化する技タイプ 解説 キョダイカキュウ ほのお 相手の特性を無視して攻撃出来る。 種族値上ほぼ物理アタッカーのため、・・・・は比較的対応しやすい。