茨木 のり子。 わたしが一番きれいだったとき(茨木 のり子)

のり子 茨木

別冊太陽『茨木のり子』より/茨木のり子の台所。

「あなたのもとへ 急がなくてはなりません あなたのかたわらで眠ること ふたたび目覚めない眠りを眠ること それがわたくしたちの成就です」 (『歳月』「急がなくては」より引用) 亡き夫への、切ないほどの愛が綴られています。 5月に同じ「詩学研究会」に投稿していたと共に同人誌「櫂(かい)」を創刊。
のり子 茨木

高校時代を愛知県で過ごし、上京して現・東邦大学薬学部に入学。 激しくも強い愛情に圧倒されるとともに、伝わってくる喪失感に胸が締めつけられます。

9
『茨木のり子詩集』(思潮社・、1969年)• この失敗にもかかわらず 五月の風にのって 英語の朗読がきこえてくる 裏の家の大学生の声 ついで日本語の逐次訳が追いかける どこかで発表しなければならないのか よそゆきの気取った声で 英語と日本語交互に織りなし その若々しさに 手を休め 聴きいれば この失敗にもかかわらず…… この失敗にもかかわらず…… そこで はたりと 沈黙がきた どうしたの? その先は 失恋の痛手にわかに疼きだしたのか あるいは深い思索の淵に 突然ひきずり込まれたのか 吹きぬける風に ふたたび彼の声はのらず あとはの匂いばかり 原文は知らないが あとは私が続けよう そう この失敗にもかかわらず 私もまた生きてゆかねばならない なぜかは知らず 生きている以上 生きものの味方をして この詩はずっと紹介したかったが、 せっかく季節がはっきりしているのだからと、 五月になったら紹介しようと待っていた。 「汲む」 大人になるというのはすれっからしになることだと 思い込んでいた少女の頃 立居振舞の美しい 発音の正確な 素敵な女のひとと会いました そのひとは私の背のびを見すかしたように なにげない話に言いました 初々しさが大切なの 人に対しても世の中に対しても 人を人と思わなくなったとき 堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを 隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました 私はどきんとし そして深く悟りました 大人になってもどぎまぎしたっていいんだな ぎこちない挨拶 酷く赤くなる 失語症 なめらかでないしぐさ 子供の悪態にさえ傷ついてしまう 頼りない生牡蠣のような感受性 それらを鍛える必要は少しもなかったのだな 年老いても咲きたての薔薇 柔らかく 外にむかってひらかれるのこそ難しい あらゆる仕事 すべてのいい仕事の核には 震える弱いアンテナが隠されている きっと・・・ わたしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました たちかえり 今もときどきその意味を ひっそり汲むことがあるのです わたしもどきんとしました。
のり子 茨木

鍛える・・・。 「若い人たちにとって、詩の魅力にふれるきっかけにもなれば」という思いから製作されたこの作品は、詩が好きな方はもちろん、これまで詩を苦手としてきた方たちにとっても、興味深い一冊となるのではないでしょうか。 「第1回戯曲募集」で佳作に選ばれ、自作童話2編がラジオで放送されるなど童話作家・脚本家として評価される。

15
自分の感性に敏感でなければ、差別が存在していることにすら気づけない。 『女がひとり頬杖をついて』(童話屋、2008年)• に医師の三浦安信と結婚。
のり子 茨木

それって結構疲れたり、自己嫌悪に陥ったりするんです。

9
『おんなのことば』(童話屋、1994年)• 27歳の頃に創刊した同人誌「櫂(かい)」からは谷川俊太郎をはじめ、多くの有名な詩人を世に輩出して来ました。
のり子 茨木

- アルバム『わたしが一番きれいだったとき』『りゅうりぇんれんの物語』ほかアルバム『われ問う』に「六月」「怒るときと許すとき」収録• に73歳で刊行した詩集『倚りかからず』は、同年10月16日の「」で取り上げられたことで話題になり、詩集としては異例の15万部を超えるベストセラーとなった。

16
茨木のり子さんの詩の中に、女性の生き方を取り扱ったものが多くあります。
のり子 茨木

一方、手作り感のあるビーズのアクセサリーや、繊細なレースのハンカチなど、愛らしいこまごまとした物もたっぷりと遺されていました。 「倚りかからず」「自分の感受性くらい」「わたしが一番きれいだったとき」「りゅうりぇんれんの物語」など、たくさんの詩を残し、今なおその人気は衰えません。 左はレシピメモとスクラップブック。

女性が書く、女性としての生き方を表す詩を読んでいたら、SDGsの「ジェンダー平等を実現しよう」という目標に通じる部分があると感じました。 そして、の花の名前と香りが一致するだけで、 その五月の憂鬱みたいな気持ちが、 一瞬にして幸せになれるというのも、 大人ならではの気持ちの切り替えかもしれないと思う。
のり子 茨木

まさに全部を全部、人やもののせいにしていました。 上京後は、戦時下の動乱に巻き込まれ、空襲・飢餓などに苦しむが何とか生き抜き19歳の時に終戦を迎え、1946年9月に同校を繰り上げ卒業する。

9
『対話』(不知火社、1955年)• 来週はまど・みちお「くまさん」を読みます。 2月17日、のため東伏見の自宅で死去。
のり子 茨木

そのほかの詩も、厳しいなかにも、どこか優しさを感じることができる素敵な作品ばかりです。 に『韓国現代詩選』で(研究・翻訳部門)を受賞。

12
茨木さんが愛した名もない人々、それは児玉さんの絵の中の人々でもあります。
のり子 茨木

相互作用によって世界の解像度は上がっていくのでしょう。 kutooとは女性がヒールのついた靴やパンプスの着用を職場で義務付けされることを廃止したい、という運動です。

16
別冊太陽『茨木のり子』より/大切に保管されていた最愛の夫・安信との思い出の写真の数々 夫・安信への想いを赤裸々につづった詩稿は死後に発見され、詩集『歳月』に収められた。