怖い 話 長編。 【厳選】田舎の怖い話・風習・祟り・呪いなどのまとめ【保存版】

長編 怖い 話

数年前に転勤で遠くに引越したんで、 もうその海岸のある県に行く事もない。 警察に電話するのはやめた。 男は毎日奴隷のように働かされ・・・女子供は・・・わかるだろ? まぁ、そういうことだ。

「いいから、おとなしくしていなさい」 パパがそういって、なにもさせてくれなかった。 そこでわずかに生き残った女子供をつれて村の大半がついに逃げ出した。
長編 怖い 話

この日の体験がきっかけとなり、「私」の家族は不気味なに巻き込まれてしまう。 友人の1人がおかしくなりーーー。

10
ただ、奴隷のように働かされるのは仕方が無い、しかし女性は妊娠しちゃうんだよ、もちろんコンドームなんてないし堕胎技術もない・・・産むしかない。
長編 怖い 話

迷いながら車に戻って、気付いた。 ともよをさがしてる。

東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利. この土地に伝わる「土地神」と関係があるのかーーー。
長編 怖い 話

恐怖というか薄気味悪さというか・・・その光景を呆然と眺めているしかありませんでした。 それが1つの夫婦・親子じゃなかったから尚恐ろしい・・・ んで、その胎児と女が例の墓になったか?違う、墓なんて立派なものじゃない。 すると… 「何を言ってるの?カラスが散らかしてたから私が追い払ったの!」 ヒステリックに怒鳴り散らし、おばあさんはまだ嘘を付くんです… 一体何が目的なのか? 私たちの態度に対する嫌がらせが目的なら、なぜゴミの片付けまで手伝うのか? それとも私たち夫婦とどんな形であれ接触したいだけなのか? だとしたらこの方法は… 私がアレコレ考えている間も、夫がおばあさんを問い詰めるのですが、 「カラスがやったと言ってるでしょ!」 と、ヒステリックに叫び続けるおばあさん。

11
まずヤツの顔を照らし、視線の外で位置を見る。 それから何度も刺してるうちに、だんだん女が動かなくなって、男も刺すのをやめた。
長編 怖い 話

深夜になると、怖い話でも盛り上がった。

8
その存在は後に、投稿者達を戦慄させる事となる。 貧しく苦しいが、それでも幸せだった。
長編 怖い 話

叔父いわく、アイツは俺らを目標に移動しているはずだから、いつか鉢合わせになると言う考えだ。

3
部屋に差し込む日光で目が覚めた。 わしは家族にも、誰にも話したことは無い、そもそもお前さんが現れるまでは忘れていたことだ。
長編 怖い 話

一目で高級品と分かる絨毯。 時刻はもう12時を回っている。 ただ、殺した女子供は壷に流した。

1
毎回心霊現象に会うのだが、洞察力の鋭いSにより間一髪のところで助かっていく。 (確かに、まあ嫌われるよりは良いか…。