ポルシェ 718 ケイマン。 718ケイマン(ポルシェ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

718 ケイマン ポルシェ

2代目981c型(2013年-) [ ] 二代目となるケイマン981c型は、2012年11月28日ロサンゼルスモーターショー12で発表された。 けっこうモノが載る ぼくはゴルフをしないのでゴルフバッグを積むことはなく、しかしスーツケースだと(専用デザインのリモワが)2つ余裕で載るため、ぼくとしてはとくに不満を感じていない状態です。

1
駆動系に関しては、6速マニュアルおよび7速オートマチックという2種類のトランスミッションが用意されています。
718 ケイマン ポルシェ

多くのクルマではエアの滞留が起こり、車体サイド下部やフェンダーの後ろ側、リアバンパー上部、リヤハッチ等に汚れが付着することになり、すなわちそれが「空気が(走行中に)剥離していない」ということになるワケですが、しかしケイマンではそういった現象が発生しない、ということですね。

18
どんどんパフォーマンスアップしていくGT3に対して、こちらはまだギリギリ手懐けることができそう・・・と思わせる。
718 ケイマン ポルシェ

全般的な満足度は? まずは全般的な満足度についてですが、総じて「かなり高い」。

15
「GT4」のロゴが刻み込まれたサイドブレードを備えるドア後方のエアインテーク。 5L 水平対向4気筒ターボエンジン搭載の「718ケイマンS」、「718ケイマン GTS」を設定。
718 ケイマン ポルシェ

PDKは新規開発する余力が無かったという理由で見送られた。 718ケイマンGT4はモータースポーツからフィードバックされた超完成度の高いストラット、対する911カレラはマルチリンク式。 718ケイマンはポルシェの代表車であるリアエンジン・リアドライブの911と違い、ミッドシップにエンジンをマウントして後輪を駆動させる2シータースポーツカーです。

1
その逆、もしくはサーキット率を多く取りたいなら718ケイマンGT4のほうが満足度は高いはずだ。
718 ケイマン ポルシェ

オーディオインターフェース、および150Wのサウンドパッケージ・プラスのすべてが標準装備。 レーシングカー由来という空力デバイスの採用も「718ケイマンGT4」の特徴。 「718ケイマン」の最高出力は220kW(300馬力)、「718ケイマンS」の最高出力は257kW(350馬力)を発揮。

15
強制冷却ファンを失い、水冷ヘッドを得た911(996)に初めて乗ったときには、音も含めて急に無口になったエンジンに少なからずショックを受けたが、718ケイマン/ボクスターのダウンサイジングターボ化に、あんなガッカリ感は覚えなかった。
718 ケイマン ポルシェ

エクステリアには、緊張感のあるプロポーション、フロントとサイドの目立つエアインテーク、そして低いサイドプロフィールがダイナミックな雰囲気を強調。

9
いよいよ走り出すと、期待通りエンジンはレスポンスが非常にシャープで、右足のわずかな動きにも忠実に追従して回転を上げ下げする。
718 ケイマン ポルシェ

現在、ジャガーF-typeS たぶん2014年バージョン に乗っているのですが、そろそろ憧れのポルシェのスポーツカーに乗り換えたいと考えたりしています。 オーディオインターフェース、および150Wのサウンドパッケージ・プラスのすべてが標準装備。

0リッターターボをミッドシップマウントし、長い歴史を背負ったリアルスポーツカー。 スワンネックウィングはより巨大化した。
718 ケイマン ポルシェ

フロントバルクヘッド前のスペースには、ブレーキフルードのタンクやバッテリー、ワイパーのモーターやリンケージなどが整然と収められている。 ただしこちらは、エンジンを切るたびにオンにし直す必要があるのが難点。

「718ケイマン」の最高出力は220kW(300馬力)、「718ケイマンS」の最高出力は257kW(350馬力)を発揮。 今回のテスト車は、車両本体価格619万円の6段MT仕様。
718 ケイマン ポルシェ

今回、その逆が行われたわけで、それがポルシェのようなファンカーにとって、果たしていかがなものなのか、というのが興味の的だろう。 これがポルシェのエンジンじゃなくてなんなの? というポルシェっぽさはまったくもって健在である。 特徴的なスタイリングやダイヤモンドステッチが入ったシートなど、新型A110は原初のA110を上手に模している。

10
718ケイマンGT4のストラットは400ps超えに対応するだけでも驚異的な完成度を誇ると言えるが、安定感や信頼性に関してはそれでもマルチリンクには及ばない。