日本 女子 大学 附属 中学校。 めざせ!日本女子大学附属中学校を受験する⇒偏差値・入試倍率・入試科目、学費・評判、併願中学を確認!|やる気の小学生!中学受験ガイド

附属 中学校 女子 大学 日本

専門書も多く、活発に授業に利用されています。

8
幼・小・中・高・大のどの段階で入学しても、一貫教育の環に加わることになります。
附属 中学校 女子 大学 日本

設備の整った大ホールでは演劇、ミュージカルクラブが公演を行い、校地を生かして夜の学校で星空観測できる天文クラブ、温水プールで活動する水泳クラブ、ハード4面、クレー2面のテニスコートで活動する硬式・ソフトテニスクラブ、弦楽合奏クラブやコーラスクラブの音楽系クラブなど、個性豊かなクラブがあります。

17
試験時間と配点は、いずれの日程でも国語と算数がそれぞれ50分で60点ずつ、理科と社会がそれぞれ30分で40点ずつとなります。 京王線の京王よみうりランド駅から小田急バス(読01 寺尾台団地行)で15分(「女子大前」下車) 小田急線と京王線は新宿駅が起点となる路線で、都心からのアクセスにも優れています。
附属 中学校 女子 大学 日本

第2回入試:55 日程によって大きく差があるわけではありませんが、第2回入試の方が若干高くなります。 受験勉強にとらわれず、真の意味での「学び」の場を提供しています。

6
4倍 第2回入試の倍率は、第1回入試より高い数値となっています。
附属 中学校 女子 大学 日本

合格最低点としては6割程度が目安となります。

19
第1回入試:54• 学校周辺の環境 日本女子大学附属中学校は、小田急線の読売ランド前駅から徒歩10分で通学できます。
附属 中学校 女子 大学 日本

自分の言葉で説明する形式の問題が多いので、本文からポイントをとらえ、自分の言葉で示す力が求められます。

2
いずれの検定試験でも優秀団体賞を毎年のように受賞しています。 1901年(明治34年)、日本女子大学校(現・日本女子大学)の開学と同時に、現在の東京都文京区目白台に日本女子大学校附属高等女学校開校。
附属 中学校 女子 大学 日本

自治活動の実践として、生徒総会や代表委員会などの活動、自治会の一員として生徒が話し合うことなど、中高一貫の中で活発な取り組みが行われています。 塾別合格者数 1位 四谷大塚 49名 2位 日能研 37名 3位 早稲田アカデミー 31名 4位 SAPIX 13名 4位 栄光ゼミナール 13名 6位 市進学院 6名 7位 学明舎 5名 8位 CG啓明館 3名 8位 啓進塾 3名 8位 プレナス 3名 11位 ジーニアス 2名 12位 茗渓塾 1名 12位 希学園 1名 12位 おぎしん 1名 12位 キャップ 1名 12位 スタジオキャンパス 1名 12位 スクールFC 1名 人数不明 臨海セミナー 大手塾の争いになりましたが、四谷大塚が1位を獲得しています。

12
0倍(受験者137名)、合格最低点119点 日本女子大学附属中学校の入試科目・面接(入試問題 過去問) 国語・算数 各50分・60点 理科・社会 各30分・40点 面接は、受験生のみで約3分実施します。
附属 中学校 女子 大学 日本

英検については、中学校は第1回英検から参加しており、多くの生徒が4級から2級を受験して合格しています。

15
それ以降は、学外のスポーツクラブ所属者や社会奉仕活動などの場を持つ生徒はクラブに所属しないこともできます。
附属 中学校 女子 大学 日本

新しいクラブを設立することも可能です。

15
1979年(昭和54年)に附属中学校が西生田キャンパスに移転し、現在に至る。 本校が大切にしているのは、生徒と生徒、生徒と教員が充分に「話し合う」ことです。