準ずる 意味。 「準ずる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

意味 準ずる

我が社の成績が伸びないのは、いつまでも前例踏襲主義だからだ。

7
「準社員」の特徴と雇用契約の注意点 一年あるいは半年ごとに契約更新するのが通例 「準社員」は、雇用期間に定めのない正社員とは異なり、雇用期間に定めがありますが、半年や一年など比較的長期の雇用契約であることが多いのが特徴です。
意味 準ずる

ある物事を決めてその通りにする• このように「従う」は意味が多くあります。 「準える」ってどう読む? 「じゅんえる」と読んでしまいそうになりますが、正解は「なぞらえる」と読みます!また、「なずらえる」と読むのも正解で、どちらも同じ意味合いを持っています。 よく求人情報ページなどに「給料:当社規定に準じる」と掲載されていたりしますので、目にすることの多い使い方です。

13
文脈としては、 「する」と組み合わせて 「踏襲する」 「踏襲した」などと使い方が一般的です。 こちらの本では、普段使う日常語を「使える敬語」へ一発変換し、敬語で失敗しない言い方を使いやすさ重視で紹介しています。
意味 準ずる

他人が思っている通りにする• 「有給休暇付与日数は経験年数に準ずる」と書かれていた場合、「経験年数に見合った日数の有給休暇を付与する」と書き換えられます。

16
法律や規則を具体的な事例にあてはめて、効力を発揮させることを表します。
意味 準ずる

他には、企業や団体などの組織こ中で決められた規則で、非正規雇用者などの扱い・待遇を指し示す時に、 「正規雇用者に準ずる」という表現を使う場合があります。 「準備(じゅんび)」や「基準(きじゅん)」などのように、日常的に使う単語では「じゅん」と読むことが多いので、案外正しい読み方を知らない人が多いです。

9
比べてわかるように、「準じる」であっても「準ずる」であっても、同じ書き方になる形があります。 なお、「期間に定めがある雇用の者」は、法律上は「非正規社員」と呼ばれます。
意味 準ずる

実はどちらも日本語の意味は同じで、「ある根拠に従う、のっとる、正規のものにならう」などになります。 準じるは準ずるともいい、「 何かの基準や根拠にのっとる、従う 」または「 正規なものになぞらえる」などという意味があります。

9
「読ま・ない」「読み・ます」「読む」「読む・とき」「読め・ば」「読め」「読も・う」など、マ・ミ・ム・メ・モに変化しています。
意味 準ずる

例文4:経験年数に準ずる 「経験年数に準ずる」の意味ですが、これは意味2の使い方で、「経験年数に見合った」という意味になります。

20
それを実現するためには、他社に倣う必要がある。
意味 準ずる

例えば、「食べる」は「食べ・ない」「食べ・ます」「食べる」「食べる・とき」「食べれ・ば」「食べろ」と変化します。 「みならう」の意味は「人のすることを見て覚える、見て学ぶ」となります。 「準優勝」は「(成績を)優勝になぞらえる」となり、「2位」を意味します。

8
一方で、有給休暇や社会保険等は、法律の条件に合えば対象となります。
意味 準ずる

「準ずる」の対義語 「準ずる」の意味とは? 「準じる」は「準ずる」が変化した形 「準じる」と似た単語に「準ずる」があります。 稽古をしてもらったり教わったりして技術や学問を身につけたり、繰り返し練習して身につけることを指します。 とは言え、基本的にどちらも同じように使える言葉ですので、実際には文章の前後の文脈などを踏まえた上で、自由に使い分けて構わないでしょう。

9
上一段活用 上一段活用は、五十音図のイ段に活用します。